• Kahoni

ミラクル


Aloha!

夏休みの旅から帰ってきました★


今回の旅

久しぶりのミラクルの連続に

私の中でも忘れたくない人生の旅の一つとして

ここに記しておこう。

久しぶりに疑いようのない

ミラクルを体験させてもらったな💫



今回の目的地は・・・淡路島🌟

淡路島は国生みの地

日本の一番最初の場所が生まれた地と言われていて

この地から

たくさんの神々や

日本の大地が創られていった

と、日本の創世記神話

「古事記」に記されています。



淡路島は

水も森も豊かで

そうすると海も豊か

自然が豊かだと

人々も自然と豊かになるものです。


お魚が豊かでとても美味しくて

お野菜も美味しくて

お肉もとっても美味しくて

全ての恵みに

毎日が感謝なのでした。


淡路島は淡路島内だけで食料を回していける

そんな豊かな食料自給率。

食べ物が溢れて溢れてあふれてる。

これって日本の本来のカタチだなぁと思うのです。




旅に出る前日から

淡路島との不思議なご縁は始まっていて💫

「明日から淡路へ行く」と、知人に伝えると

「私の友達が現地で移住の支援をしていたから繋いであげるよ」

と!!!!

えーーーーー!!

すでにミラクルの始まり

まさかの展開がここからスタート💛



そう。

今回はパートナーとの旅でしたが

目的は移住地を探すこと💫

いくつかある候補地の中の一つが淡路島でした。

その視察第一弾🌟


旅や旅行目線でまわるのと

移住支援をしていた人の目線でまわるのでは

全然違うから。

すっごく素敵なご縁を繋いでいただきました。

ありがとうございます✨



電車でゆらり揺られながら

淡路島の地を目指します。


途中名古屋に寄ったり

自分たちのココロの声を聞きながら

気の向くままに下車して旅を感じて

そんなゆるりとした旅が私たちのスタイル★

飛行機でびゅーんと飛んでしまうのもいいけれど

ゆったりのんびり

目的地に思いを馳せながら向かうのも

なかなか悪くないものです💛



島に着いた日は

友人家族が迎えてくれて

なんとも言えぬ暖かいエネルギーに

毎度ほっこり自分が緩む緩む💫


翌日は紹介していただいた方に

ぐるりと島をたくさん見せてもらって

島の中でも

ここは違うな〜って肌感覚で感じたり

ここいいかも!を肌感覚で感じて。


本やネットの情報は

私たち2人にとっては全然あてにならないから

ひたすら自分たちの感覚を頼りに

動く動く動く。



どっぷり濃ゆいご案内をしていただき

2日で島を一通りご案内していただきました。

すごい情報量に

少々脳みそパンクしかけながら(笑)

実際に自分たちのやりたいこと

やっていきたいことに

町の特徴を当てはめながら

少しずつ情報整理★





ほんとうのミラクルは最終日に待っていて✨✨✨


2日で密に島内回っていただいたおかげで

情報も脳みそもいっぱいいっぱい🙏💓


さて最終日はどうしよう?

頭パンパンな私たちは

「淡路島の海でゆっくりしたい」

と友人にリクエストして

地元の人が集う海へ繰り出してもらった。


ただひたすらに

海を眺めたり

風を感じたり

海に入ってみたり

木陰でぼ〜っとしてみたり

淡路島の自然をふんだんに感じさせてもらって


急遽お仕事がお昼で終わった友人の旦那さん★

海で合流して

なんと!

やりたかったBBQが実現する💛💛💛

(ここでは割愛するけど

これもめっちゃミラクルで!✨)


BBQの準備は男たちにお任せして

私は友人にロミロミを🌺

もう思い出すだけで涙溢れる



目の前は言わずもがな海

波音を聞きながら

目の前の海をぼ〜っと眺めながら

ロミロミさせてもらえることが幸せで。

本当に幸せで。

多分ロミロミされている友人よりも

私が一番心地よかったと思う💫


赤ん坊を抱っこしながらのロミロミは

愛と調和したロミロミで🤲💓


どんな状況だって

その場で私に出来うるすべてをそこに注ぐ

それが “真のロミロミ” だと私は思っていて

抱っこしていて腕にアプローチできなくとも

エネルギーで心を緩めることはできる


本当のロミロミをさせてもらった。

そして友人の目からこぼれ落ちた涙が

そのすべてを物語っていた気がして

私まで涙が溢れる。



そしてここからが一番のミラクル💫

この日に淡路島をでて

関西の別の友達のところへ向かう予定だった。


濃ゆい日々だっただけに

淡路島ともいったんお別れか〜と

だんだんと寂しさがこみ上げる


そして私よりも

my partnerの想いが強烈に溢れる

「帰りたくないなぁ。」

心からの想いが常に口から溢れてて(笑)


BBQをしながら淡路島に想いを馳せていると

突然関西の友人から連絡が📞


「車のバッテリーが上がって

今日身動きとれへ〜ん!」


へっ??

!!!!!

はい、きました💖💖


淡路の友人夫婦と

もうそうゆうことやね〜✨と

あっさり淡路島が私たちをこの地にいさせてくれる

そんな計らいをしてくれたのでした💛



本当はまだ帰りたくない

まだここを感じたい

本当の望みはそこだった

でも色んなことをあれやこれやと考えて

そこに蓋をしてた


本当の心からの望みを本気で想った時

間違いなく宇宙は、

大自然は、

私たちに知り得ないエネルギーで

そうなるように動いてくれる


それは私のパートナーが

毎晩毎朝

ずっと星空を眺め

朝陽に照らされる木々を眺め

淡路島と心を通わせ

心の底から

肚の底から

ここにいたいって思ってた


だからそうなるようになるんだよね^^


関西の友人からは

「誰やバッテリーあげたの〜!」

って冗談めかしながら

みんなでゲラゲラ笑いながら電話して💛


もうなるようになるよね〜って

こうやって自然に話せる仲間と居られること

幸せだなぁ。



本当にピースフルな

時間の軸が外れたような

そんな時間だった。



これが真実でしかなくて

それ以外は何もない。


わからなくなったり

ぐるぐるしたり

進んでない気がしたり

毎日簡単ではないけれど

3歩進んで2歩下がりながら

少しずつ確実に

日々前進している。


そんなこんなで

もう一泊することになった淡路島

本当に本当のLast nightは

あんな話やこんな話をして

深夜まで語り合って幸せな夜だった🌙


愛想話じゃなく

本当の本当を知っている友人夫婦だからこそ

深い話ができて

魂家族のような

そんな素敵ファミリーにお世話になった私たちは

確実に何かが活性化されて動き出した

その感覚を胸に

淡路島の地を後にしたのでした。


全てに感謝

Mahalo nui loa🙏✨



最終日の海で

淡路島に想いを馳せながら

ぼーっと2人で夕陽を眺めていたら

友人夫婦の子が

「どーじょ!」って

満点の笑顔で走りながら

私たち2人にお花を渡してくれた。

もう号泣。(笑)


そのお花の花びら一枚一枚は

ハートの形をしていて

ピュアな天使がくれたのはお花だけじゃなくて

純粋で真っ直ぐなものを私たちに届けてくれた


ありがとう淡路島。







0回の閲覧

© 2015-2020 Hale O Kinohi.

  • Black Instagram Icon
  • Black Facebook Icon